さかいめ—境目

photo courtesy of I-Weekly.

人与人之間,存在著界限。

地位,階層,學履,性別,

無形的偏見

卻已根深蒂固。

沒有大學文憑就很笨???
當演員的比不上醫生律師對社會的供獻???
出生自豪門必定比貧窮子女更有修養???
當戲子的都愛慕虛容???

?????????

界限這條線
太可怕了。

有這些想法的人,大多是受過高深教育的知識分子。
我覺得
這才真的教人難過。

境目

岩のごつごつ出たこの人生の歩く道、折れに触れて、境目を出会った。

国や地域などそういう具体的な境界線はもちろん存在し、抽象的な見えない境界線も実在している。

国と国の境目が、それぞれ基本的な法律、人権、政府政策を防護するために、必要性があると思う。超強大国からの攻撃、弱い国に侵入するという占領至上主義に富んでいる現在は、境界線を守る事が大切この上ないものであろう。

一方で、人間と人間がいくつの不必要な境目を作りつつである。

私生活の侵害を防止するために、あるいは、自分の地位を際立たせるために、不滅な城壁を建てられたかもしれない。

確かに、今日の都会を快速な進化とともに、無邪気の代わりに陰湿な世代になってきただろう。従って、他人を信頼せずに、お互いの深い関係を築き上げるこ ともあり得ない。しかし、そのまま心の小さな窓を開いておらず、他の友情を拒絶し、他人の相違を完全に受け入らないそういう価値観さえ持てば、そういう方 が人生の喜怒哀楽を十分に満喫できないと思う。拘束を解放できないからだ。

また、ある一部の人間は自分の教育レベルや背景階層や社会地位などを自慢しているせいで、周りの平凡な人を区別してしまうという事実もよく見られる。

高校卒業生より、博士のほうが社会に貢献することが多い。

本当に?

富裕な家庭から生まれた方が、貧乏な私のほうが優越であるか。

芸能人より、医者や弁護士などの仕事のほうが有意義であるか。

それは確かに世の中で一般的な考えのではないだろうか。そういう考えが浅薄かどうか一人で思案している。

人によって、それぞれの境目を引いている。境目がある立場から見られた空の青さが同じだが、境目がない立場から見ると、空の色だけではなく、空の広さもはっきりわかるではないだろうか。

Advertisements

Leave a comment

Filed under Thots

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s